BLOGブログ

今日は二十四節気のうちのひとつ「啓蟄」

節気は夏至・とか春分とかの季節の変わり目を分かるように

一年間を24回に分けた呼び名です。

殊「啓蟄」は個人的に一番好きな節気なんです。

節気って基本的には気候のこと言っていることが多いのですが

啓蟄だけは生き物のことを言っています。

「大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ」
(参照:Wiki先生)

ともあるように、冬の寒さは春らしさもまだ見えないその頃に

春になる予兆があちこちで本当はあって

みんな少しづつでも動き出す季節っていうのが、

とてもワクワクして好きです。

実際厳しい寒さも大分緩んで、

「今年は何してやろう?」て思うのは確かにこのころ。

人間も冬の間中、絶対抜け出せられなかったコタツから

のそのそとはい出てくる様をみると、

あぁ虫みたいだなぁ…じゃなくて

春が近いなぁなんて感じたりします。

MENU

月別アーカイブ
他のブログを見る
SNSで更新情報を受け取る
Facebook
中村漆器記事一覧