BLOGブログ

いってきました
「Ringo Festival2012春」
正式名:りんご音楽祭

なんだその、もっさりした名前は!

5月19日20日と二日間、信州は松本の

アルプスを望める「アルプス公園」にて行われる地域発の音楽祭なのですっ!!!
【りんご音楽祭公式HP】

何がすごいかって、ここ、まじ普通の公園w。
【アルプス公園】

普段の週末から幼子を連れた若い親やおじいちゃん、おばあちゃんが遊びに来ます。

もちろんフェス当日もきてますw

有料スペースにはチケット買わないと入れないのですが、一部自由に見れるところもあって、アーティストが演奏している横で子どもが遊んでるという

一見すごく変!なフェスです。

でも私、これが一番フェスのあるべき姿なのではないかと前前より思っています。

私の好きなバンドにアイスランドの sigur ros というアーティストがおりまして

世界中で売れに売れまくった後

地元アイスランドで地元民を国立公園に招待し

凱旋ライブした時の映像がこちら
Sigur Rós – Hoppípolla

音楽はもちろん素晴らしすぎるのですが
(いやほんと、神様かよって音楽です。サマソニ来ます!できればフジに来てほしかったん…

そこに集うひとはこれを機会に久しぶりに会う親戚や友人
(に見えるので勝手にそういう風な解釈をしました。)

ちなみにバックのブラスのメンバーは地元住民からだそうです。

なんかうまく言えないのですが、

音楽ってそういう場を提供する役も担えるんだ!っていう

もっと民俗的で、生活から少しはみ出したくらいの普通のことでいいんだ!

っていう

よくわかんないけど

no music, no life もいいんだけど

もっと単純なことなのかなぁなんておもうんです。

主催者がおんなじことを考えているかどうかは私にはわかりませんが

でもつながる部分があるなぁなんて

思ってしまうのでした。

写真&詳しいレポートはまた後日!!

MENU

月別アーカイブ
他のブログを見る
SNSで更新情報を受け取る
Facebook
中村漆器記事一覧