BLOGブログ

今、塩尻のギター製作会社の

T’sGuitarさんとコラボレーションをして漆塗りのウクレレを作っております。
【T’sGuitar公式HP】

松本平は気候的に全国の中でもギターなどの楽器づくりに適した場所。

漆も気候上の理由でこの地で発展してきた部分はあるので、ある意味、あるべき組み合わせなのかもしれません。

まずはT’sさんで作っていただいた型

黄色いのはマスキングテープ、漆がかぶらないようにします。

大きい方がコンサートタイプで、小さい方がソプラノタイプです。

二つのうちコンサートの方を黒摺りにしました。

まだ下塗りを一回しただけの状態なので、木肌の状態のままな感じが強いです。

ピックガード(弾くときに爪やピックでボディが傷付かないようにするための物)には木に蠟色塗風に艶やかなものを用意

もう一つのソプラノは赤に。

ピックガードは漆器らしく布貼りです。

これはお椀やお皿の強度を増すためによく使われる技法です。
今は黒くなっていますが、最終的には赤く塗り上げます。

そして
きたる8月4日松本ボンボンの日に

完成した漆のウクレレでちっちゃなライブを行ッちゃいます☆
@WABI×SABI松本縄手店!!

16:00~18:00ごろまで
ウクレレだけではなく松本平で活動する数組が集まります!

ビール・ラムネの販売も行いますので、夏祭り気分のひと役♪

ウクレレが完成したらUPしますのでお楽しみに★

MENU

月別アーカイブ
他のブログを見る
SNSで更新情報を受け取る
Facebook
中村漆器記事一覧